気軽にグルテンフリーを試したい人におすすめ!小腹がすいたらトルティーヤ

ブログ

自分なりのグルテンフリーを試してみて美味しくてグルテンフリーにも使えそうな商品をご紹介します。

「食べ方いろいろトルティーヤチップス うす塩味 160ℊ ジャパンフリトレー株式会社」発売日2021年4月26日(月)

公式HPはこちら

「トルティアチップス 塩味 160ℊ 株式会社湖池屋」発売日2021年3月15日(月)

公式HPはこちら

もしかして小麦が原因??

近年ではもはや当たり前に目にする”グルテンフリー”という言葉。私も30代半ばを迎えようという歳になってきてなにかと体調を崩すように場面が増えてきました。もともとお腹はあまり強くなく、好きな麺類やパンを食べると高確率でお腹痛くなっていたのでもしかしたら小麦が原因なのか?と思うようになり、そろそろ食べるものも気を付けていかないと、と決心し自分なりのグルテンフリー生活を3週間ほど試してみました。

始める前は麺類をはじめ、小麦製品をほぼ毎日摂っていたので続けられるか不安でした。なので完全なグルテンフリーではなく、なるべく主食としての麺類やパン類、お菓子のクッキー、ドーナツなどの小麦製品を摂らないように生活してみました。

結果、腹痛で悩む回数は減りました。食生活もそこまで苦も無く変更出来て、小麦製品も完全に摂らないのではなく時々食べるほどなので続けることもできました。

そうした生活をしているうちになるべく健康に良いものをとスーパーで買い物をしているときにも考えるようになったが、お菓子の中でも健康に悪くなさそう物はないかと探していた時に見つけたのがこのお菓子でした。表示を見ると、どちらも完全に小麦が入ってないわけではないのでこれをグルテンフリーに使えるとは思いませんでしたが、ポテチやほかのスナック菓子を食べるよりは健康に良さそうと思い購入してみました。

チップスの比較

左がトルティーヤチップス、右がトルティアチップス

成分表比較

商品名原材料名カロリー(製品100ℊ当たり)たんぱく質脂質炭水化物食塩相当量製造者名称内容量
トルティーヤチップスコーン(遺伝子組み換えではない)(米国産)、植物油、食塩/調味料(アミノ酸等)520kcal6.7g26.3g
(飽和脂肪酸10.5g)
64.1g
(糖類1.0g)
1.0gジャパンフリトレースナック菓子160g
トルティアチップスとうもろこし(アメリカ:遺伝子組み換えの混入を防ぐため分別)、植物油、食塩、コーンパウダー、オニオン、でん粉分解物、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)513kcal6.0g26.6g64.9g
(糖質59.7g
食物繊維5.2g)
1.1g湖池屋スナック菓子160g

大きさはほぼ同じで、角のとがり方がフリトレーの方が写真通り鋭角でした。

味はうす塩味(フリトレー)と塩味(湖池屋)で、こちらも表示通り湖池屋の方が若干味が濃かったです。

どちらの商品もレシピやアレンジの仕方がHPなどに載っているのでそのレシピやアレンジ方法に合わせてチップスを使い分けてもいいかもしれないです。

無理のないところから始めてみよう

今回紹介したチップスは、気軽に食生活改善を始められる商品ではないでしょうか。

どうしてもグルテンフリーと聞くとハードルが高く感じますが、私も自分なりのグルテンフリー生活の中で自分の食事を見直してみて、いつもならうどんを食べるところをそばに変えようかな?などと、ここはこれに代えられそうだなと考えるのは新しい発見があって楽しかったです。

グルテンフリーは、もともとセリアック病と呼ばれる人たちでも食べられるように開発されたものです。なので、セリアック病やグルテン不耐症、グルテン過敏症でなければどうしてもグルテンフリーにする必要はないそうです。

ただ、私のように小麦製品を食べるとお腹の調子が悪くなると感じた人や、頭がぼーっとしたり、やたらとお腹が張ると感じる人は一度試してみてもいいのかもしれません。

グルテンフリーダイエットもよく見ますが、実は科学的根拠はないようで、小麦を食べたから太るのではなく、小麦製品はカロリーが高いものが多いのでそれを食べないようにするだけでカロリー摂取量を抑えられるからダイエットに効果があるのではといわれてるそうです。

最後に

身も蓋もないですが、ここまで調べてみて思うのは、なんだかんだ食事はバランスよく適量を食べるのが一番いいと思いました。おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました