【アニメおさるのジョージ】子どもの想像力・発想力は素晴らしい

おさるのジョージ

言わずと知れた名作アニメ「おさるのジョージ」。子どもが観て面白いだけではなく大人が観てもためになり、親が観たら子育てについて考えさせられるアニメとして有名です。

今回は、ジョージの豊かな想像力とそれを伸ばしてくれる黄色い帽子のおじさん対応が素晴らしかったのでまとめてみました。お家で集まってパーティーをやりたくなるエピソードです。子どもの発想力・想像力ってすごい。

お話はこちらです「シーズン11 エピソード12 こっちをあっち

おさるのジョージ オフィシャルサイトはこちら

お話のあらすじ

ジョージはパズルが大好きで中でも海賊船のパズルが大好きです。それに今夜は海賊パーティーが行われる日です。ジョージがパズルに苦戦していると黄色い帽子のおじさんが最初にピースを仕分けるといいとヒントをくれました。そこへ大きな荷物が届きます。ジョージのために買ったもので組み立てないといけないと言い説明書を読むおじさんでしたが、そこへクイントさんがやってきて今夜使うサルサを入れる大鉢を持ってないか尋ねに来てそれをおじさんと一緒に家に探しに行ってしまいました。箱の中身が気になるジョージは説明書を見ずに全部出してしまいます。

主な登場人物

おさるのジョージ 知りたがり屋のこざる。黄色い帽子のおじさんと一緒に住んでいる。

黄色い帽子のおじさん ジョージの親のような存在。友達でもあり、良き理解者でもある。

アリー レンキンス夫婦の孫の小さな女の子。とっても元気でおしゃべりなジョージの友達。

ベッドを海賊船にしてしまう発想力

今回ジョージは、おじさんが買ってくれた新しい木造ベッドを海賊船として組み立ててしまいます。箱から出したバラバラの状態のベッド部品の山を見てアリーが難破した海賊船みたいと言ったことからそうなったのですが、子どもの発想力・想像力に感心してしまいます。

海賊船の作り方を知らないジョージはバラバラの部品を見てパズルみたいと気が付きます。先ほどおじさんからもらったヒントからまずは部品ごとに仕分けていき、海賊船パズルの絵を頼りにパズルのように組み立てていきます。船のマストなどベッドの作り方以外の場所はロープやテープで仕上げて船の帆にはシーツを使って見事完成させました。

大鉢を探して戻ってきたおじさんとクイントさんもその海賊船をみてびっくり。おじさんは「すごい!よくできてる!」と開口一番に褒めます。ですが本当はジョージのための新しいベッドだったと告げます。でもジョージは海賊船の方がいいと言うのでそのまま庭に海賊船として置いておくことにします。そこでクイントさんがここで今夜の海賊パーティーをやることにしてくれてジョージたちは最高のパーティーを楽しむことが出来ました。

子どもの想像力を実行に移せる環境が大事

毎度のことながら黄色い帽子のおじさんやクイントさんのジョージたちに対する対応は素晴らしいですね。思っていたのとは違う形でもプレゼントした相手が喜んでいればそれが一番と教えてくれます。

【アニメおさるのジョージ】黄色い帽子のおじさんの生き方を学ぼう~ドーナツこわい編~
今年で80年目のおさるのジョージ。まだ観たことがないのならぜひ一度ご覧ください。きっとこの素晴らしい世界であなたも暮ら...

それ以上に今回のエピソードを観て思ったことは、子どもが思いついたことを実行に移せる環境が大事だということです。例えば、子どもに買ったおもちゃを本来の意図とは違う形で遊ぼうとしてそれを止めたことがある人はいないでしょうか?私も思い当たる節があります。どうしても説明書通りにやらせたい欲が出てしまうのです。ですが子どもたちは説明書を読まずに遊べてしまいます。それも楽しそうに、型に囚われずに自由に誰からも教わらずにできてしまいます。

その自由な発想力・想像力を活かせる、自由に実行できる場所が子どもたちに必要だと思っています。小学校や幼稚園でも自分の思う通りにお絵描きしたり、図工で何か作ったりすることはできるかもしれません。ですが自分の子どもの話では、時間が足りないだったり、テーマが自分の考えていたのと違うものだったりあるようです。それに団体行動、右に倣えの今の教育現場では自分の好きなように学校で生活することはなかなか難しそうです。ベッドを海賊船に造ってしまってもそれを残して置ける場所がないですし。

子どもたちと日々生活しているとどうしてそんなことを思いつくのかといったことや、なんでそれがそういう風に見えるのかと驚かされたりします。自分にもそんな時期があったのかと疑ってしまうほどです。年を重ねていくごとにどうしても考えや見方が凝り固まったり、周りに合わせてしまってやりたいことができなくなったりしてしまう時が来るかもしれません。そうならないように、自分の子どもには考え付いたら作れる場所や、やりたい・知りたい・行ってみたいと言った要望にはなるべく応えるようにしています。(費用や時間などの関係であまりできていませんが・・・)

アトリエを造ろう!

自分の思ったこと、考えたものをなんでも形にできればきっと楽しいでしょう。自分にも子どものころそんな場所があればどんなによかったことか。子どもだけではその素晴らしい発想力・想像力を形にしていくという部分が金銭的にも知識的にも難しいと思うので、それを見守る親がカバーしてあげれば子どもにとって素晴らしい世界が待ってると思います。

ラボや秘密基地、ファクトリー、名前はなんでもいいです。一室なくても部屋の片隅でも物置でもなんでも、そういう場所さえあれば子どもは誰でも超天才です。強制しないで助けを求められたら全力で応えてあげる。我が家にはまだ机1個分の子ども用作業場ぐらいしかありませんがいつか思いつくことが何でもできるような場所を一緒に造っていきたいです。

アニメおさるのジョージを観る方法

Prime Video

2021年6月現在 おさるのジョージはシーズン11まで全話Amazonプライムで視聴可能です。このお得な機会にぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました